安くてかわいいインテリア雑貨はアウトレットが狙い目

安くてかわいいインテリア雑貨を購入するために必要な知識

>

インテリア雑貨を購入する決め手は何か

アウトレット本来の意味と日本における意味

アウトレットとは、「出口」「放水口」という意味の他に、ビジネス用語として「商品の市場」という意味で使われています。
どういうことかと言えば、メーカーなどが在庫処分の為に、季節外れや流行遅れの商品を格安で消費者に販売するお店のことやその商品のことをアウトレットと表現されるということです。
日本ではこのビジネス用語の意味でアウトレットは使用されています。
しかしビジネス用語としてでなければ、通常アウトレットは「コンセント」という意味になります。
何も知らない外国人がアウトレットと聞くと、「コンセント」という意味で捉えるので、アウトレットモールへ行こうと日本人に誘われても、意味が通じないかもしれません。
日本における「コンセント」は和製英語で、英語にはない表現になります。
ちなみにアウトレットはアメリカ英語で、イギリス英語では「ソケット」と言います。

モール用語を知っておこう

アウトレット店にはモール用語があり、その用語を知っておくと商品の説明が非常に分かりやすくなると思います。
意外と本当の意味が知られていない「B級品」という言葉ですが、これもモール用語で「製造時や輸送時に傷がついてしまった商品」のことを指しています。
「B級品グルメ」という言葉のイメージが強く、型落ち商品なのかという風に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、少々意味は違ってくるようです。
その他にも、「キャリー品」というモール用語があり、これは「一般のお店で在庫が余ってしまった商品」のことを指しています。一般的には不人気だった商品なのですが、商品自体の品質は良いので、好みに合えば安く購入できる分だけお得だと思います。
他にも色々なモール用語がありますが、知っておくと店員さんにちょっと一目おかれるかもしれませんね。


この記事をシェアする
TO_TOP